パッチリ二重とクッキリ目元でメリハリ美人

二重整形について

ロングヘアの女性

二重整形には大きく分けて2つの方法があります。1つは埋没法です。まぶたを切開せずに糸と針を使ってまぶたに線が入ったように縫います。プチ整形とも言われ1980年代頃に主流となり、今でも人気の方法となっています。もう一つは、切開法でまぶたにメスを入れて二重をまぶたを作る方法で古典的な美容整形の方法となっています。1950年代に日本では、このような古典的な美容方法がとられていました。しかし、顔にメスを入れる抵抗やいかにもまぶたを切っていますという仕上がりを懸念され、埋没法が主流となりいまでは手軽にできる、女子高校生まで行うようになっているのです。価格もリーズナブルなとのが増えているため人気となっています。

二重整形は、二重まぶたになりたいと願う人にとってとても強い味方です。そんな二重整形の今後の動向について予測したいと思います。今以上により手軽なものが増えていくと予測されます。顔にメスを入れなくて縫うことで二重を作るいわゆるプチ整形はより進化すると予測されまます。そして、より針か細いもの糸も細くなり違和感のないもの痛みの少ないものもが増えていくことでしょう。そして、安全性も高く、需要が高まっていくことでしょう。そして、メディアなどに取り上げられることでより認知も高まり二重整形がより身近なものとなることでしょう。目の印象が変わるだけで美しさは増すため憧れのものとなることでしょう。若い女性から中高年まで気になるものとなるでしょう。