パッチリ二重とクッキリ目元でメリハリ美人

二重整形手術の方法

埋没法の注意点について

元気な女性

美容外科クリニックへ行って二重整形手術を受ける人が大勢いますが、一口に二重整形手術と言っても、大きく2種類の方法に分けることができます。1つは、まぶたにメスを入れて二重のラインを作る切開法による手術です。そしてもう1つは、まぶたに糸を通して二重のクセをつける埋没法という名前の手術です。埋没法による二重整形手術が登場してくるようになったのは最近になってからのことですが、費用が安い上に術後の腫れが少ないというメリットがあるため、大人気になっています。一重まぶたをパッチリ二重に変えたいという希望を持っていたとしても、メスを用いる二重整形手術を受けるということになると、それなりに勇気が必要になります。でも、埋没法の手術であれば気軽に受けることができるため、今後埋没法による手術を選ぶ人がさらに増えるだろうと予想されています。

ずっと二重まぶたになりたいと望んでいたものの、いざ二重整形手術を受けて二重まぶたになってみたら、自分が思い描いていた顔とは全く別のイメージの顔になってしまったというケースが時折あります。術後の自分の顔に違和感を感じても、切開法による二重整形手術を受けた場合は、簡単に元の状態に戻すことができません。でも、埋没法の場合は、まぶたの裏で糸を留めているだけですから、簡単に元の状態に戻すことができます。ですので、手術に不安を感じている人は埋没法による手術を受けるようにした方がよいです。ただし、埋没法には、何もしなくても勝手に元の状態に戻ってしまうことが多いというデメリットもあります。まぶたを開け閉めしているうちに糸留めがゆるんでくる可能性があるためなのですが、糸留めの個数を多くするなどの方法をとれば元の状態に戻りにくくすることができます。